東京の木でマイ箸づくりをしてみませんか・学校生協 人気のマイ箸づくりSKMBT_C35210110911090.jpg

日本人は、これまで米を主食とする食文化を営んできており、使用する主な道具は箸である。中国や韓国も同じように箸を使用しているが、その素材と形状が大きく異なり、箸の他にスプーンを併用する場合が多い。自分の箸を制作する過程で、食に関する生活スタイルや日本の伝統・文化、そして、東京都の環境問題(森林・水源林)の関心を高めることを狙いとしています。

<材料・道具など>

・東京の木(多磨産材のヒノキ) 6ミリ×6ミリ×225ミリ×2本セット  200円(各自負担・集金)

・カッター(各自) ・紙やすり(60番・180番) 学校負担/教材費 ・新聞紙(各自)

☆メール又はお電話で(学校生協担当:西平)まで、 ①職場名 ②学年担当者 ③人数 ④職場☎ ⑤出前授業希望日(時間)・・おおよそ2時限です

☎03-3439-8071(直)

postmaster@tokyogak.coop

☆主催 東京都学校生活協同組合・東京都教育用品株式会社

☆講演 生協・消費者住宅センター